巻き爪治療

術後の痛みが少ない、即効性のある

巻き爪治療を行います

多くの原因で起こる巻き爪

巻き爪

足の親指の爪の端が曲がったり、皮膚に食い込んだりする「巻き爪」は、なってしまうとつらいものです。

先天的な原因に加え、ヒールや先の細い靴によるしめつけ、ゆるい靴で足の親指に体重が集中することによる圧迫、深爪をしたとき、足の爪をぶつけたとき、急激に体重が増加したときなど、日頃の生活習慣が原因で起こる症状です。

皮膚に食い込んで炎症を起こす「陥入爪」になってしまうと、出血や化膿を併発する恐れもあり、歩くのも痛い状況になってしまいます。

巻き爪予防のためには、丁寧な爪切りや自分の足にきちんと合った靴選びが大事です。できればシューフィッターがいる靴屋さんで靴を選ぶと良いでしょう。

巻き爪になってしまった場合は、我慢したり、自分で何とかしようしたりとせず、早めに専門医で治療することをおすすめします。

状況に合わせて、負担の少ない2つの治療法

「巻き爪治療=痛い、長引く」と思われがちですが、当院では患者様への負担が少ない治療を行っております。

以下の2つの方法から、状況に合わせた治療法をおすすめします。

ワイヤーによる巻き爪治療

ワイヤーを使った巻き爪治療

特殊なワイヤーを爪の両脇に引っかけ、絞り上げることで、爪の歪曲を解消して巻き爪状態から通常の形状へ戻します。


《メリット》

◎約10分で治療が終わり、すぐに痛みも取れます

◎手術の必要がなく、麻酔も使いません

◎爪を削らないので、見た目の変形もありません

◎すぐに手持ちの靴を履けます(窮屈な靴以外)

◎治療の当日から入浴・スポーツも可能です(格闘技以外)

《デメリット》

△永久的な効果は出ず、治療をやめると戻る可能性があります

△2ヵ月に1回のワイヤー交換が必要です

△ワイヤー交換1回あたり5,000円の治療費がかかります

△変形が大きい爪や、分厚くなりすぎている爪には施術できません

切開手術

ワイヤーを使った巻き爪治療

皮膚を切開して食い込んだ爪を削り取る手術を行います。一般的には爪を薬品で腐食させる方法がとられますが、これは術後の痛みが長引き患者様への負担が大きくなります。

しかし、当院では電気メスで削る術法をとっていますので、出血や術後の痛みが少なく、回復も早いと好評です。

《メリット》

◎一度手術を受ければ、永久的に巻き爪が治ります

◎保険適用なので、手術の費用負担も少ないです(約8,000円)

◎痛みや出血が少なく、一般的な巻き爪手術よりも回復が早いです

◎どんなタイプの巻き爪も治療できます

《デメリット》

△術後の傷が治るまで数日間、スポーツなどはできません(歩くなどの日常生活はOKです)

△爪の幅が狭くなります(巻き爪の程度に寄りますが、見た目にはそれほど分かりません)


例えばこんな患者様も…

数日後に高校総体出場を控えた高校生の患者様が来院。試合に出たいが、巻き爪の痛みが急に強くなってしまったとのことでした。そこで、まずは即効性のある「ワイヤー治療」を行って痛みをとり、そのまま患者様は試合へ無事出場。その後、部活動に差し障りのない時期に改めて電気メスによる手術を行い、完全に巻き爪を治されました。日常生活に合わせた計画的な治療を行えた診療例の一つです。

メール&電話で無料カウンセリング

巻き爪にお悩みの方が気軽に相談頂けるよう、電話相談を行っております。

まずはメールで、爪の写真をお送りください。

その写真を元に、追ってお電話でカウンセリングを行い、治療法やアドバイスをさせていただきます。

お気軽にご利用ください。


《巻き爪相談用メールアドレス》

dcclinic@softbank.ne.jp

患部のお写真の添付と、お名前、お電話番号を入力ください。

メール確認後、クリニックよりメール・電話にてご連絡いたします